コラーゲンとは?~プラセンタを知る前に~

25.01.12 / プラセンタ / Author: / コメントは受け付けていません。

肌にいい成分というと真っ先に思い浮かぶのは「コラーゲン」という方も多いと思います。
コラーゲンにも色々な製品がありますが、いったいどうして肌にいいのでしょうか。
コラーゲンはそもそもタンパク質の一種で、真皮や靭帯、腱、骨、軟骨などを構成しています。

体内のコラーゲンは体内のタンパク質の30%も占める程なのです。
また、ゼラチンの原料もコラーゲンであり、化粧品や医薬品など幅広く利用されています。
美肌にいいとされるコラーゲンはよく豚足やふかひれなどに豊富に含まれているとされ、最近では鍋などにポンっといれるだけの、コラーゲンボールなどもありますね。
コラーゲンを摂取すれば単純にコラーゲンが補われ、お肌がプルプルになるのかと思うとそうではなく、コラーゲンを摂取するとアミノ酸に分解されてしまうのです。

コラーゲンを摂取してもコラーゲンが不足するのは生産能力が低下し、コラーゲンが合成出来なくなっているからなのです。
究極のプラセンタは「プロ・プラセンタ」サイタイ配合健康食品へ。

プラセンタの効果とは?

13.10.11 / プラセンタ / Author: / コメントは受け付けていません。

プラセンタは人間に必要なタンパク質、脂質、糖質をはじめとするミネラル、ビタミン、核酸などの栄養素を成分としているのです。
そして最近ではTVやCMでもよく聞くアミノ酸、活性ペプチド、ムコ多糖体、酸素などの栄養素が含まれているプラセンタなのですが、美容面から見ても医療面から見ても様々な効果や効能が期待されているのです。
この胎盤に含まれる成分の働きは、細胞の呼吸を活発にして新陳代謝を高めて皮膚の血行をよくし、肌にはりやツヤを出してくれる効果があるそうです。
そして女性の悩みであるしみが薄くなりしわも目立たなくなるようで、さらに美白効果もあるようです。
肌の老化防止効果も認められているようです。
また、プラセンタにはやけどや傷口を早目に直す効能も期待されていて、血行をよくし免疫力を高め、抗アレルギー作用があり、また痛みを抑える効能があるプラセンタは肌への効果だけではなく、疲労回復や二日酔い、肩こり、冷え性、更年期障害などにも効果を発揮してくれるのです。
そしてよく眠れるようになる、顔色が良くなる、カゼにかかりにくくなる、アトピー性皮膚炎にも効果があらわれる、などと言った効能が認められているようです。
更に歯肉炎や胃潰瘍、円形脱毛症、リウマチ、腰痛にも効果的といわれているプラセンタですが、活性酸素の除去作用もあるものでは、キトサンやプロポリス、アガリスクなどと併用するといいとも呼ばれていて、抗がん剤治療の副作用も減らす効能があるそうです。

プラセンタの力とは?

16.08.11 / プラセンタ / Author: / コメントは受け付けていません。

最近よく耳にするプラセンタ
女性なら特に耳にする機会は多いかもしれません。
さて、いったいどんなものだかご存知ですか? プラセンタは英語でplacenta、「胎盤」という意味です。
指していわれるようになりました。 胎盤といえば、胎児の発育には必要不可欠な組織だということは誰でもご存知でしょう。
母体から栄養分や酸素を受け取って、胎内の胎児に送り込む重要な働きをしています。
しかし、その役目はそれだけに留まらず、胎児がすくすくと育つために必要な成長因子(グロースファクター)を造りだす役目も担っています。
成長因子は細胞分裂を促進する働きがあります。
わずか10ヶ月という短い期間にひとつの受精卵が細胞分裂を繰り返し、一人の人間にまで育つためには、この驚異的な働きを持った胎盤がなくてはならないわけですね。